6F|NICU(新生児集中治療管理室)、GCU(回復治療室)

DSZ_3879-NICU・GCU DSZ_3903-NICU・GCU DSZ_3885-NICU・GCU

 

NICU(Neonatal Intensive Care Unit)病棟は、新生児集中治療室で病床は12床です。新生児医療の効果的な運営と拡充をはかり、新生児医療および看護に貢献することを目的に総合周産期母子医療センターとして2006年に開設しました。周産期救急システムの湘南ブロック基幹病院として運用されています。

集中治療を必要とする在胎23週以上で出生した早期産児ならびに低出体重児、生後一か月末満の病的新生児および妊娠、分娩経過に異常のあった母体から出生した児、全科を対象とします。NICUに入室となる新生児は全ての臓器が未成熟なため、呼吸・循環管理を中心とした全身管理が必要であり、急性期の看護が展開される上で児の環境に中心をおいたケアを大事にしています。

GCUは「Growing Care Unit」と呼ばれ、NICUの後方病棟で病床は12床です。成長期ケア病棟でNICUを退室した児、および点滴、酸素投与等の処置を必要とする児が入院しています。GCUに入室する児は、修正週数32週前後で呼吸、循環が安定している児や術後安定し退院指導の必要な児が多く、GCUの看護は、成長発達にあわせた育児環境の提供と児の成長発達援助および退院支援になります。

チーム医療の一環として、家族中心の看護(family-centered-care)を重視し、親子関係の形成、治療・看護理解と意思決定を援助しています。更にNICU・GCU病棟に入院する子どもを持つ両親に対し、入院から退院した後も継続的な育児に関わる支援活動を行う場として「ひなの会」を2003年に立ち上げました。同じ立場にある親同士の交流の場を提供することで自助グループとしての役割を果たし、親の持つ育児不安を軽減させることを目的に活動しています。

 

DSZ_3891-NICU・GCU