14A│泌尿器科、腎内分泌代謝内科、口腔外科、皮膚科、移植外科

DSZ_3958-14A病棟 DSZ_3962-14A病棟

14A病棟は、泌尿器科、腎内分泌代謝内科、口腔外科、皮膚科、移植外科の混合病棟で、病床数は47床です。3チーム制のモジュラーナーシングを行っています。専門性の高い複数の科を担当する病棟であることから、専門学習チームでの継続学習を積極的に行っています。

泌尿器科は、がん患者が最も多く、高度先進医療であるロボット支援手術を多数行い、全国レベルでも最短の8日間程度の入院で治療を行っています。口腔外科においても口腔癌の手術件数が非常に多い病院です。

腎内分泌代謝内科は、医師、日本看護協会認定の糖尿病看護認定看護師、他の看護師、栄養士、薬剤師、リハビリテーション療法士、検査技師でチームを組み、5日間の糖尿病教育入院を実施しています。また、難治性の代謝性疾患にも積極的に取り組んでいます。

移植外科は、外科的な手技を必要とするシャント造設手術や腎移植を多数行っています。皮膚科では、皮膚悪性疾患の手術や皮膚病変の悪化した患者の緊急入院の受け入れを行っています。

14A病棟は、専門性の高い治療・看護が求められることに加え、予防から自己管理指導、周術期看護、緩和ケアまで、幅広いケアを展開しているのが特徴です。

DSZ_3952-14A病棟