入退院センター

3441PFM 3463PFM

 

東海大学医学部付属病院が2006年1月に新病院として開設された際、患者支援センターが設立されました。このセンターには、入退院に関連する医師・看護師・医療ソーシャルワーカー(MSW)・医事課職員・管理栄養士・薬剤師など多職種がひとつの空間に集い、連携しながら仕事を行っています。そして患者の身体的・精神的・社会的側面の問題をとらえ、退院後を見据えて、最適な医療を提供することを目指しています。こうした手法をPFM(Patient Flow Management)といいます。

PFMの使命は、(1)ベッドを効率的に運用し、医療の質を確保すること (2)病床の適正な管理をすること (3)患者の入院から退院までの流れを一貫して管理することです。この中で看護部は「入退院センター」と称し、その主な役割には、(1)入院コーディネート (2)ベッドコントロール (3)退院調整 ④受診科案内・電話相談への対応があります。

各外来で入院を申し込んだ患者は1階の入退院センターで手続きをし、看護師と面談を行います。看護師は病歴等の情報を収集して、身体的・社会的・精神的リスクをアセスメントします。必要に応じてMSWや退院調整看護師、栄養士等に相談し、入院前から問題解決を図ります。入院後もリスクの高い患者には、病棟と協力して退院支援を行います。

また、毎朝フロアマネージャーが入退院センターに集合し、病院全体のベッドコントロールを協議しています。その他どこの診療科を受診したらいいのかわからない患者の受診科案内、電話による相談・対応もしています。

3456PFM