腎センター(血液透析)

DSZ_4019-腎センター

 

腎センターは急性および慢性腎不全で血液透析の必要な患者、血液濾過・血液吸着・血漿交換等の必要な患者を収容し、感染個室を含む15床で構成しています。

原則として入院患者を対象としており、単なる透析治療にとどまらず多様な血液浄化療法・体外免疫 調整療法・血液成分調整療法を行っています。そのため腎代謝内科の患者のみならず、総合内科、消化器内科・救命救急科など多くの診療科が対象となります。

原疾患の急性期・手術後など重症患者、循環器内科・呼吸器内科・消化器外科・消化器内科・神経内科・脳神経外科・整形外科・眼科・耳鼻科など多種多様な疾患を持った慢性腎不全患者の対応が必要とされ、各疾患の理解と確かな看護技術が必要となります。また患者への教育的関わりも重要で、短い入院期間の中でいかに効果的に行えるかが問われ、病棟看護師との連携も重要です。

治療を受ける患者の特徴として、全身疾患であり日常生活におけるQOLの維持が必要となるため精神的援助を含む高度な看護ケアが要求されます。

DSZ_4023-腎センターl