6A│産科・婦人科

DSZ_3770-6・MFICUDSZ_3785-6・NFICUl

 

6A病棟は主に産科・婦人科を対象とする混合病棟で、定床数は32床です。MFICU(母体胎児集中治療室)の後方病棟としての機能も持っています。

産科が約8割を占めており、合併妊娠・妊娠高血圧症候群・多胎妊娠・胎盤位置異常・切迫流早産・胎児発育遅延や胎児奇形などの胎児異常を伴う疾患などの 治療目的で入院する妊婦と、分娩目的で入院する産婦・褥婦が入院生活を送っています。合併妊娠で入院治療している妊婦も外来通院している妊婦と同様に、出産や産後の育児に向けた保健指導や、親役割獲得に向けた援助を行っています。

産婦は陣痛発来で入院することが多く、希望者は夫の立会い出産を行っています。また、効果的な看護の提供や産婦の主体的な出産援助を目的に、バースプランを活用しています。

産後は助産師が褥婦と出産の振り返りを行い、褥婦が出産体験を語る場を設けながら、今後の育児の自信につなげられるよう支援しています。分娩後から退院まで5日と短期間ですが、母乳哺育や母子の絆形成促進および育児技術獲得に向けて24時間母児同室も行いながら、少しでも育児不安が軽減されて退院できるよう看護チームで支援しています。