12B1│血液腫瘍内科、リウマチ内科、乳腺内分泌外科

12B1病棟は血液腫瘍内科、乳腺内分泌外科、リウマチ内科を専門とする21床の病棟です。血液腫瘍内科の入院治療は、造血器に対する抗がん剤治療が多く、大量の薬剤が使用され、長期間かつ繰り返しの入院を必要とします。治療中ほぼ全患者が免疫機能の低下をきたし、易感染状態の時期を過ごします。この時期をいかに体力の消耗を少なく経過することができるか、患者の感染予防行動に結び付けられるかが、その後患者の生活の質を低下させないようにするために極めて重要です。

乳腺の手術は、一般的な術前・術後管理に加え、女性患者の心理的喪失感や後遺症への不安が大きく、正しい情報の提供と心理的サポートが重要です。心理面での変化を察知し、治療意欲を引出し、支持し、励ます援助が求められます。家族へのサポートも大切です。

がん患者への看護は、患者にとって最良な身体的・心理社会的な安定状態を獲得・維持し、「がん」とともに生きていけるよう、あるいは安らかな死が迎えられるように家族に対しても関わることが求められます。

リウマチ内科は膠原病やその他の自己免疫疾患患者が主で、これらの疾患の多くは「難病」に指定されています。難治性の病態を示すことが多く、ステロイド剤や免疫抑制剤また免疫グロブリン大量療法などの治療で症状のコントロールを図っています。症状が全身に及び長期入院となるため、チーム医療で効果的な治療の実践及び適切な情報提供、また治療への意欲を引き出す関わり、また家族へのサポートを重視して看護を実践しています。

DSZ_3839-12B病棟