12A│婦人科、血液・腫瘍内科、リウマチ科、乳腺外科

DSZ_3855-12A病棟

 

12A病棟の病床数は44床です。婦人科を主体に、血液・腫瘍内科、リウマチ科、乳腺外科の患者が入院しています。また、心臓カテーテル検査や内視鏡的逆行性胆管膵管造影を受ける方や抗癌剤を投与する方など、様々な疾患の患者さんが入院しています。

治療は、手術や化学療法、放射線治療、緩和ケアなどが主に行われているため、高い専門性と幅広い知識が求められます。多様なニーズに対応するため栄養士や薬剤師と症例カンファレンスの実施、薬剤師と連携をとりながら内服の自己管理指導の実施など、他職種との連携を積極的に行っています。

看護体制は、3チームで編成されたモジュラーナーシングに加えてパートナーシップを一部取り入れはじめました。新しい看護方式に戸惑うこともありましたが、スタッフ同士、コミュニケーションを取りながら、患者が安心して入院生活を過ごすことができ、退院するときにはこの病棟に入院できて良かったと言ってもらえる看護を目指して頑張っています。

DSZ_3852-12A病棟