10B│脳血管センター(神経内科・脳神経外科)

DSZ_3522-10B病棟 DSZ_3513-10B病棟 DSZ_3533-10B病棟

10B病棟は脳卒中・神経センターで病床数は46床、専門領域は主に神経内科および脳神経外科です。看護の対象となる疾患は、脳梗塞や脳出血が最も多く、神経内科領域では神経難病(ALS・パーキンソン病・重症筋無力症・多発性硬化症等)・髄膜炎や脳炎等で対症療法が行われ、脳神経外科領域では脳腫瘍やクモ膜下出血・脳動脈奇形等で外科的療法(手術)が行われます。

10B病棟の理念(全体目的)は、「高度で先進的な医療を駆使して早期診断・早期治療するとともに安全で安心できる医療の提供に努める」、下記の愛の看護TOKAIは、看護理念です。

Together 一緒に:一致団結し、ケアの情報共有を図っていく
Obligation 責任:責任感を持ったケアを実践していく
Kindness 思いやり:思いやりを持って患者と接する
Attention 留意:倫理的な配慮ができる看護師になる
Improve 進歩:向上心を持ち続ける

看護の特性は1)脳梗塞急性期から慢性期にむけての看護、2)脳出血やクモ膜下出血で外科的治療を受ける周術期患者の看護、3)急性期から回復期にむけての自立への働きかけ(リハビリテーション)4)患者・家族教育を中心とした退院支援、5)脳卒中後遺症によるボディイメージ変容の受容過程の支援です。その他にも、特定機能病院の特性上、診療科を問わず患者の受け入れを行っているので、専門領域以外にも化学療法を受ける患者の看護やターミナルケア等、看護は多岐にわたっています。愛の看護TOKAIを実践するために専門ケアグループ(脳卒中リハビリテーション・在宅退院支援)活動を中心に取り組んでいます。

また、脳血管障害・機能障害を持った患者に対するケアの充足の一つとして、臥床したまま入浴できる特殊入浴風呂が病院内で唯一10A・10B病棟共用で設置されており、毎日8名前後の方を入浴介助しています。さらに10A・10B病棟に療法士1名が配置され、早期のリハビリテーション導入や退院に向けた支援等、より良い医療が提供できるように協働しています。